Leadership

チーム

 

Studio O+Aはオフィスデザイン業界を牽引する企業でありたいと願っています。創業者は、仕切りを取り払った「オープンプラン型オフィス」の初期の提唱者であり、創業以来約30年間、斬新なアイデアを次々と形にしてきました。現在、Studio O+Aにはデザイナー、建築家、プロジェクトマネージャー、グラフィックアーティスト、戦略コンサルタント、アドミニストレーター、マーケティングエキスパートなど49人のスタッフが在籍。スタートアップ企業から世界的な有名企業まで、あらゆる規模のオフィスデザインプロジェクトを推進しています。

Primo Orpilla

Primo Orpilla

プリモ・オーピリア

共同創業者、取締役


創業者であるプリモの経験は、Studio O+Aの経験とも言えます。そしてまさにStudio O+Aのあらゆる作品に、豊富な経験に基づくプリモのリーダーシップが息づいています。オフィスデザインの第一人者として、業界で広く知られているプリモは、それぞれのプロジェクトに人生を通して得た経験と旺盛な好奇心を投影。中でもスポーツやポップカルチャー、豊かな “都市体験”への情熱はあふれんばかりのアイデアとなり、教科書にはないプリモ独自のデザインワールドを創り出します。数々の受賞歴を誇るプリモは現在も、Studio O+Aにおける全てのプロジェクトの責任者です。そして今日も鉛筆と紙を手に、スタッフと顔を突き合わせて喧々諤々。理想のオフィス空間を生み出すべく、熱い議論を戦わせています。

Verda Alexander

Verda Alexander

ヴェルダ・アレクサンダー

共同創業者、アーティスト・イン・レジデンス


共同創業者の一人であるヴェルダは、創業初期から組織作りに携わってきました。ヴェルダの美術業界でのキャリアと、「デザインを通して人々の生活を向上させたい」という情熱は、携わる全てのプロジェクトを特別なものにしています。彼女の特筆すべき才能は「創造力」です。既成概念にとらわれず、定説を検証し、お決まりの解決策を飛び越え、創造的な内装を生み出す力。そして景観設計とパブリックアートの経験に基づく、構造と空間の相互作用についての深い造詣。これらと、創造的なデザインを建築に落とし込む専門知識が、唯一無二の内装の源となっています。

Lisa Bieringer

Lisa Bieringer

リサ・ビエリンガー

マネージングプリンシパル


リサは創業者・プリモと緊密な連携を取りながら、Studio O+Aのビジョン実現に向け、組織の確立と企業文化の強化を推進。同時に人材・行程・進行管理のエキスパートとして、Studio O+Aのあらゆる業務運営を監督しています。これまで世界的大企業の商業施設、30万平方メートル超の大型プロジェクトで内装設計と施工の監督を務めてきたリサは、のびのびと働ける環境を作る大らかな監督です。一方で、大型プロジェクトを成功に導くために、各分野を力強く牽引する卓越した司令塔でもあります。

Dan Kretchmer

Dan Kretchmer

ダン・クレッチマー

プロジェクトディレクター


ダンの特別な才能の一つに、「プロジェクトを多種多様な要素の集合体として見られる」という点があります。この才能により、ダンは複雑な大型プロジェクトもまるで魔法のように整理・分類し、スムーズな行程に落とし込んでしまいます。各プロジェクトを鋭く分析してビジョンを設定し、同時にチーム内にリズム感をもたらす名ディレクター。チームメンバーや建設コンサルタントともすぐに胸襟を開いて語り合えるコミュニケーション能力で信頼と尊敬の基盤を作り、チーム全体のモチベーションを引き上げます。信頼に厚く、率直かつ革新に挑む人物であることは、今ではクライアントにも広く知られています。

Joseph Rodriguez

Joseph Rodriguez

ジョセフ・ロドリゲス

デザインディレクター


ジョセフは、デザインにおける2つの基本要素(美的感覚、建築科学)と専門知識を融合させ、プロジェクトをワンランク上のステージに引き上げます。大企業の大掛かりな自社ビル改装から小さなスタジオの内装プロジェクトまで、オールマイティーの実力派。大規模プロジェクトにおいても、その深い経験値により、利用者一人一人の感覚に落とし込みながら、美的な広がりを持たせていきます。構造設計の必須要件を熟知しているジョセフは、改装は不可能と思える奇抜な内装ですら、快適な居住居空間に変えてしまいます。

Elizabeth Vereker

Elizabeth Vereker

エリザベス・ヴェレカー

ブランドデザインディレクター


グラフィックデザインについての圧倒的な専門知識、力強いリーダーシップ、そしてプロジェクトの根底に流れる物語をコンセプト化し、明確に表現する才能を持つエリザベスは、Studio O+Aにおける重要な屋台骨の一人です。プロジェクトの意味を広い視点で捉えながらも、字間の微妙なスペース調整まで、細部へのこだわりも人一倍。そしてそのこだわりこそ、エリザベスがStudio O+Aの屋台骨である所以です。ブランドデザインディレクターとしてブランディング・グラフィックアートチームを率いるエリザベスは、最高のデザインを生み出すために、しばしば業務外の作業も進んで行う努力の人です。

Mindi Weichman

Mindi Weichman

ミンディー・ワイクマン

デザインディレクター


デザインディレクターとして、ミンディーはコンセプト開発から現場での問題解決まで、プロジェクトのあらゆる段階でチームを牽引しています。長年建設現場を監督してきた経験から、彼女が自負するのは、デザインがどのように実際の建物になり、描いた線が壁になった時にどのような効果をもたらすのかを、デザインの段階で直感的に理解できる点です。デザインの根幹への情熱こそ、ミンディーをStudio O+Aのディレクターたらしめるもの。その情熱はまた後輩の指導にも注がれ、新人デザイナーのメンターとしても慕われています。

We are a design studio based in San Francisco

Say Hello!

© 2021 Studio O+A

Scroll Up